人気のメーカー

日本の住宅がたどってきた歴史について

その昔、鎖国を解いたばかりの日本を訪れた西洋人が、日本の家は紙と木で出来ている玩具のような家だと言ったことはつとに知れ渡っています。頑丈な石造りやレンガ造りの家であることが当たり前のようになっていた西洋人の目からすれば、風が吹けば飛んでしまいそうな日本家屋はとても心細い物に見えたであろうことは想像に難くありません。しかし、高温多湿な気候風土である日本では、紙と木でできた家である方が何かと都合が良かったのです。ですが、西洋文化の流入と共に、家も西洋化が進みました。いつの間にか、高気密・高断熱であることが良い家の必須条件のようになってしまっていたのですが、そのせいでダニやカビが発生したり、シックハウス症候群が引き起こされてしまうケースが増えるようになりました。そのため、現在では、いたずらに高気密・高断熱にするのではなく、自然をうまく利用する家づくりが見直されるようになってきています。

四季工房が作る家が人気を呼びそうです

福島県内に本社がある四季工房が作っている家は、自然との共生を目指す家です。ただひたすらに家の気密性能や断熱性能を高めるのではなく、自然の風を建物の内部にうまく取り込むことによって、夏涼しく冬暖かい家を作ることに成功しています。四季工房が作る家では、外壁と断熱材との間に風の通り道が作られています。夏は床下から冷たい風を取り込むことによって室内の温度を下げるのですが、廊下や居室の温度差が生じる心配がないため、高齢者でも快適に暮らすことができます。また、冬は屋根から熱を取り込めるようになっているのですが、四季工房の家に住めば、冷暖房費用を大幅に削減することができるようになります。また、四季工房の家には湿度調節機能もあるため、1年を通して爽やかな環境を保ち続けることができます。多くのメリットがあるため、四季工房の家が高い人気を呼びそうです。